プラスチックの基礎知識

エンプラとは

1960年代に入ると世界的に工業生産が盛んになり、日本においても高度経済成長期を迎えます。さまざまな製品の大量生産・大量消費に対応するため、製品を構成する部材・部品に使用する素材には「安さ、軽さ、加工性」が求められ、金属やガラスなどに代わる素材として、プラスチックの更なる可能性が模索されました。また、同時期には世界各国で大規模な石油化学コンビナートの建設も相次ぎ、そのような時代背景のもと、次々と開発されたのがエンプラ(エンジニアリングプラスチック)です。

エンプラの定義は明確ではありませんが、概ね100℃以上の耐熱性をもつプラスチック群をエンプラと呼び、中でも5大汎用エンプラとされる PC・PA(6, 66)・PBT・POM・m-PPEは世界各地で生産され、耐熱性の他、汎用プラスチックにはない強度・電気特性・耐摩耗性などにより、幅広い用途で使われています。

図を拡大表示する

スーパーエンプラとは

エンプラの登場後、1980年代以降になると製品へ付加価値要求が高まります。同時に素材へも高機能が求められ、エンプラにもさらなる耐熱性・難燃性などが求められるようになり、極めて機能性の高いスーパーエンプラの開発が相次ぎ、そのトレンドは現在も継続しています。

エンプラ同様、スーパーエンプラにも明確な定義はありませんが、概ね150℃以上の耐熱性を持つプラスチックとされています。また、難燃性については、米国の製品安全認証企業 "UL LLC" によって規格化された試験(UL94 )で各プラスチックが評価・格付けされており、高い安全性が求められる電気・電子製品には、UL94認証を取得したプラスチックが使用されています。

スーパーエンプラの中には、優れた耐熱性・難燃性とともに、金属にはない透明性や耐腐食性といったプラスチックの特長を併せ持った素材もあり、医療機器や航空宇宙といった素材への高い信頼性が求められる用途へも活躍の場を拡げています。

図を拡大表示する

お気軽にお問い合わせください

ご質問ご要望などはこちら