高耐熱PLAトレイ

コンビニ、スーパーなどで、環境配慮型素材である"PLA(ポリ乳酸)"を使って作られた食品包装容器を見かけるようになりましたが、サラダなどを入れているPLAのトレイは透明性がありますが、耐熱性が低いため電子レンジ加熱には不適です。電子レンジに対応した耐熱PLAトレイもありますが、耐衝撃性をもう少し上げたいところです。

NAGASEは、PLAの耐衝撃性と耐熱性を改良したコンパウンド材料を開発し、それを用いてPLAシートを開発しました。結晶化速度も制御したこちらのシートでは、真空成型性も向上することができ、量産性・物性・環境対応が両立したトレイの製造が可能です。

資料をPDFで表示

炭カル(バイオマス/発泡)トレイ

PP(ポリプロピレン)は、強度・耐薬耐油・耐熱性に優れていることから、電子レンジ調理する食品のトレイに多く使用されています。
PPにフィラーを配合することで、プラスチック使用量の削減に繋がりますが、より高い濃度で配合するには量産性・分散性の両面で課題があります。
NAGASEは、Ultibatch™とコンパウンド技術によりその課題を克服し、更に独自のシート加工・設計ノウハウにより、減プラ以外に以下の環境対応要素を取り入れた、食品トレイ用PPシートを開発しました。

1) 生物由来フィラー(炭酸カルシウム)高濃度配合
  ⇒ プラスチック使用量削減 + バイオマス

2) フィラー(炭酸カルシウム)高濃度配合+発泡
  ⇒ プラスチック使用量削減 + 軽量化

資料をPDFで表示

耐寒衝撃性・薄肉トレイ

フィラーを配合することでプラスチック使用量の削減に貢献できますが、一方で硬くなり、硬さは"脆さ"に繋がります。更にプラスチックそのものも、冷凍庫のような低温環境下で脆くなる性質があります。
NAGASEは、低温環境下でも優れた耐衝撃性を有する"U-PE"(超高分子量ポリエチレン)をベースに、射出・押出成形が可能な成形材料を製造しています。
この材料を用いてシート押出・真空成型加工を行なうことで、単層でも急速冷凍・電子レンジ調理に対応した食品トレイを製造することできます。
また、幅広い温度域での優れた耐衝撃性と高剛性を兼ね備えているため、容器の薄肉化が図れ、プラスチック使用量の削減も期待できます。

資料をPDFで表示

フィラーレス高剛性・軽量トレイ

フィラーを配合することでプラスチック使用量の削減に貢献できますが、一方でプラスチックよりも比重の大きいフィラーを混ぜることで、体積当たりの重量は増えてしまいます。
NAGASEは、北陸先端科学技術大学院大学と共同開発した、PPに水溶性ポリマーを配合した組成物の設計を、独自コンパウンド技術により成形材料に具現化しました。配合された水溶性ポリマーは、PPの中で繊維状に配向し、フィラーと同様に剛性・耐衝撃性を向上させ、フィラー配合の課題であった重量増を克服します。
この材料を使って、通常のPPと同様にシート押出・真空成型加工を行なうことが可能です。

資料をPDFで表示

お気軽にお問い合わせください

ご質問ご要望などはこちら