プラスチックの基礎知識

バイオプラスチックとは

『バイオマスプラスチック』と『生分解性プラスチック』を総称して、バイオプラスチックといいます。

汎用、エンプラ、スーパーエンプラとして紹介しているプラスチック群が、ナフサを原料とする"石油由来"であるのに対し、植物などの再生可能な有機資源を原料として使ったプラスチックを "生物由来(バイオマス)" プラスチックといいます。
また、プラスチックの多くは環境中で分解することはありません(これがマイクロプラスチック問題となっています)が、微生物の働きにより、最終的に水と二酸化炭素にまで完全分解される性質をもつプラスチックを、"生分解性"プラスチックといいます。

バイオプラスチックの中には、石油由来原料の方が構成比が高いバイオマスプラスチックもあり、100%石油由来原料からつくられる生分解性プラスチックもあります。

図を拡大表示する

お気軽にお問い合わせください

ご質問ご要望などはこちら